地球観測用小型赤外カメラ(Compact Infrared Camera:CIRC)とは?

地球観測用小型赤外カメラ(CIRC)は、東南アジア諸国などで深刻な問題となっている森林火災の検知を主目的とした赤外センサです。冷却機構を必要としない非冷却型の検出器を採用することで、小型で軽量、かつ低消費電力を実現しています。

 森林火災は地球温暖化や気候変動に影響を及ぼすと考えられている災害の1つで、初期消火の遅れは広範囲の火災延焼の原因ともなります。そのため早期に正確な発生位置を特定する必要があります。宇宙からの火災検知は、人の監視の難しい地域も監視可能で、広域の監視には最適です。CIRCは火災検知の他にも、火山観測や都市部でのヒートアイランド現象の観測も行う予定です。またCIRCの小型・軽量のメリットを生かして、複数の衛星に搭載することで高頻度な観測が可能となります。CIRCは2013年度打上げ予定のALOS-2、2014年度打ち上げ予定のJEM-CALETに搭載されるため、2台のCIRCによる観測頻度向上が期待されます。

 CIRCは、森林火災の被害・影響を最小限に抑える一役を担い、火山災害の把握や都市計画へ貢献することを最終目標としています。

 陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)についてはこちらを、 高エネルギー電子、ガンマ線観測装置(CALET)についてはついてはこちらをご覧ください。

CIRC News

2016/05/20
リプロセスのため、データ検索ならびに提供を停止します。
(2016-05-20~2016-05-27)
2016/02/10
ALOS-2搭載CIRCによる桜島の観測結果を公開しました(詳しくはこちらから)
2015/10/21
CALET搭載CIRCによる初観測結果を公開しました(詳しくはこちらから)
CALET/CIRC first light
2015/08/21
ALOS-2搭載CIRCによる桜島の観測結果を公開しました(詳しくはこちらから)
CIRC Sakurajima
2015/08/19
CALET塔載CIRCを塔載したHTV5号機の打上げが成功しました。(詳しくはこちらから)
2015/05/11
ALOS-2搭載CIRCの初期校正運用結果についてを公開しました(詳しくはこちらから)
CIRC adiometric calibration
2015/04/24
定期点検停電のため、一時サービスを停止します。
停止予定時間帯: 2015/04/24 18:00JST - 2015/04/25 20:00JST
2015/01/23
ALOS-2搭載CIRCの観測データを公開しました。(詳しくはこちらから)
CIRC Data Archive